« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

ブレーキマスターシリンダーストッパー

P1020790_2 エンドレス4ポットキャリパーRX8ローターで剛性感のあるブレーキフィールとコントロール性を手に入れたJet‘sNC号ですが、更なるタッチのシッカリ感を求めてマスターシリンダーストッパーを製作してみました。 純正タワーバーにストッパーブラケットを付けて調整式にしてみました(*^-^) さて・・・早速に試乗をしてみましたが、チョイチョイで製作した割には効果はバッチリでしたhappy01

|

2010年2月26日 (金)

これが無きゃね・・・

P1020777_2 2011年7月でアナログ放送が終了する訳で・・・Jet‘sNC号のナビはアナログ放送TVなので、デジタルチューナーが必要なんですよね(゚ー゚; 選択肢としてはフルセグかワンセグですがNC号の7インチモニターレベルだとフルセグまでは要らないのでワンセグにすることにしました。 でも・チューナーだけじゃつまんないので、2GBのレコーダー(録画機能)付きのがあったので、これでサーキットやイベントの行き帰りも退屈せずにすみそうですhappy01 

|

2010年2月24日 (水)

最近S2000も・・・

Dsc005841 某チューニングショップと言えば巷ではロードスター専門ショップと思われがちなのですが・・・・それは半分正しくて半分間違い?確かにロードスターが全体の65%とメインではありますが、実はS2000が全体25%なのでオープスポーツ専門店っていう訳ですhappy01  で・某ショップでS2000のウリと言えば勿論、幌の張替えで最近では1000円ETC効果もあってか北関東や九州からもご来店頂いています。 それ以外にもブッシュ交換、車高調取り付け、セットUP、マフラー製作、ロールバー取り付け等々・・・そして特に最近多いのがバリバリ走り方向のチューニングではなく、S2000をスタンダード状態で大切に長く乗る為のリフレッシュ&調律と言う意味でのチューニングメインテナンスです。まっ、ロードスターもNAとかは最近そんな感じがヤッパ多いので生産が終了したS2000も同じような方向に向かってゆくんでしょうね(*^-^)

|

2010年2月22日 (月)

MZRエンジン(LF-VE)オーバーホール ④

P1020755 MZRエンジンをファインチューニングしてパンチの効いた仕様にしたら・・それを活かすアイテムは・・・勿論NC3種の神器とよばれるEXマニポンカムFMCです(*^-^) エンジンを下ろしている時なら取り付け工賃も節約できるし、ファインチューニングとあいまったパフォーマンスはJet‘sNC号で実証済good

|

2010年2月20日 (土)

ELF EXCELLIUM PRO

P1020773 Jet‘sNC号もRCCからオイル交換をしてなかったので(;;;´Д`) 交換を・・・・で何時ものエルフSXRですが・・モデルチェンジしてエクセリゥム プロとなったので早速所望してみました。 入れてみてエンジンを回してみると粘度はSXRと同じ0W-30なのですが、従来より更にフリクションが少なくなっているのか?レスポンスが良くなっていて、MZRエンジンがメチャご機嫌な感じなので・・・happy01

  ヨシッ・・時間を作って走りに行こう! 

|

2010年2月18日 (木)

ProRacer ECONを・・・

P1020750_3 以前にProRacer ECONをNCロードスターに取り付けたのを紹介して以来、某チューニングショップではECONの取り付けはNCばかり・・・・と言う事でNC以外のS2000、NA、NBロードスターに取り付けたら・・・これが、なかなかイイので某ショップ的にはお勧めですscissors

|

2010年2月16日 (火)

MZRエンジン(LF-VE)オーバーホール ③

P1020738_2ファインチューニングオーバーホールについてのお問い合わせが思いのほか非常に多いので・・・マタマタ続きをばup   某チューニングショップの場合ファインチューニングオーバーホールをする場合、お客様のエンジンを下ろしてそれをベースにする場合と、某店ストックのE/gベースに予めエンジンを製作してそれを乗せ換えるパターンの2通りがあります。工期的にはエンジンの製作で約2週間で、NCの場合E/g換装をするのにメンバーごと脱着になってしまうので所要時間は1泊2日ってとこになります。happy01

|

2010年2月14日 (日)

Oh!ニューネオバ投入?

P1020463 昨年の2月にAD08を装着してからマル1年で3部山になりました(*゚ー゚*) 峠バトルやサーキットテストで多数使用してこの磨耗ならJet‘s的にはライフ/パフォーマンスは合格点ですgood なので10‘シーズンも、OhニューのAD08を投入です・・・・

|

2010年2月12日 (金)

MZRエンジン(LF-VE)オーバーホール ②

P1000283

前回にファインチューニングオーバーホールについて紹介したら、非常にお問い合わせが多かったので・・・続きをばup各部の測定&検証を終えた後は加工に入ってゆきます。ポート研磨、シートカット、プラホ、をしてメタル等各部クリアランス調整、が終わったら、後はタペットクリアランスを調整してから精密組み仕上げにて完成です(*^-^)  これに、ポンカムEXマニFMCを同時に装着すればJet‘sNC号と同じパフォーマンスを発揮するって言う訳ですゥgood

|

2010年2月10日 (水)

MZRエンジン(LF-VE)オーバーホール

P1020690

NCロードスターも発売されてはやいもので5年目に入りました。 で・走行距離も増えたお客様もチラホラと・・・と言う事でMZRエンジンのオーバーホールが昨年あたりから某ショップにも3台入庫 しています(*^-^) そんなんで、やっぱりエンジンをバラしたついでに各部の粗を取り除き、組み付け精度を上げてエンジン本来のパワーを発揮させるファインチューニングオーバーホールノーマルとは一味違うノ・ー・マ・ル・(*^-^)を体感頂いています!

|

2010年2月 8日 (月)

RCCに行って来ました。

P1020684 一昨日RCCに行ってきました。今まで何れも6月の条件が厳しい時期しかスズカツインを走行した事が無かったので、この時期なら自己ベストの更新が期待できそうなのですが、当日は終日雪が降って路面が濡れては乾きを繰り返す微妙な天気で、R1RやSタイヤを履く車両が体勢のポジションの中では路面温度が低く微妙に濡れた路面だとAD08では少し厳しかったですね(;´Д`A ```。

P1020687で・帰りの道中が夕方になると凍結してしまいそうなので決勝走行後20分で帰路につくと、予想どおり雪が強くなってきていたので、早々に切り上げて正解でした(*^-^)

|

2010年2月 6日 (土)

スズカツインへ出発!

P1020679 今からRCCに参戦の為にスズカツインへ出発します!

今回は2.0Lファインチューニング仕様での一つの区切りにしてみたかったので、Nクラスでのエントリーを希望していたのですが・・・いつも通りTクラスでの参加となっいてしまいました(*゚ー゚*)

  さて・・・チョックら、行ってきます!^^

|

2010年2月 4日 (木)

10‘ RCCに向けて・・・Ⅸ

P1020265 RCCに向けての対策は完了したので後はドライバーのリフレッシュのみです(*^-^) で・今週の休日は西脇市の「日本へそ公園」の中にあるにした経緯度地球科学館「テラ・ドーム」に行ってきました 。P1020362  

 

望遠鏡を覗かせて貰った後は吉川町のよかたんに行って来ました。 この癒しがRCCでのパフォーマンスUP間違いなしですup

P4010  

で・10‘ RCCに向けてはNC号も仕様変更し昨年の6月のRCCからの変更点を、ココで整理してみます。①フロントブレーキローター大径化4Pキャリパー -1.4kg②ブレーキラインステンメッシュ化 ③ロールセンター変更ナックル補強 +0.4kg ④スプリング変更 +0.3kg ⑤バッテリー移設 -0.9kg ⑥LSDオーバーホールファイナルギア変更 ⑦ラジエーター冬季限定純正化VFC取り付け -2.9kg ⑧スタビライザー純正化 -0.9kg ⑨デフマウント僅強化 と後は忘れてならないフレーム修正で・・・単純に前回参加した09 RCC‘第二戦からだと、かなり戦闘力UPしていると言えますが、Jet‘sNC号の開発過程からいえば昨年のアクシデントは以降不調続いていたので、地道にレストアしてやっと09年2月時点のパフォーマンスに原点復帰したって所ですね(;´Д`A ```  

|

2010年2月 2日 (火)

10‘ RCCに向けて・・・Ⅷ

P1020089_2

スズカツインの裏ストートエンドのシケイン対策にスタビライザーをクスコから純正に戻してみました。昨年の6月のRCCからだとバネレートがFで0.4kg リアで0,5kg上がっているのでその分スタビ効果を減らして抗縁石性の向上を狙ってみました。 でもスズカツインは6月の暑いタイムの出ない時期しか走ったデーターしかないので、条件の良い今の時期でアジャストできているかは??ですが・・・・( ̄Д ̄;;

   因みにスタビをクスコから純正に戻すと0.9kgの軽量になります(*^-^)

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »