« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

最近気になるホイール!

Img_0002  現在NC号のホイールはお馴染み超軽量鍛造のボルクレーシングCE28です。このホイールだとマツダが軽量に拘ったNCでもサイズUPしても重量増にはならないので重量増は避けたいJet‘s号としてはピッタシなホイールです。 そんな中・発売されてからズット気になってていたのが同じレイズのRE30、F1参戦とリンクして開発され「一般的な鍛造ホイールより30%の剛性UPを目指した」と言いう逸話があります。そんな気になるRE30に限定でフォーミュラーシルバーに切削ダイヤモンドカットリムの08フォーミュラーリミテッドが出たもんだから・・・メチャクチャ・・・気になるモード全開なんですよね(笑) で・サイズも17inで7.5Jも8.0JもNCにバッチリサイズがあります・・でもJet‘sNC号に履いている8.5Jは+30と34しかないんですよね・・・流石にこのオフセットは厳しい・・ん・・・如何しよう? 

|

2008年1月29日 (火)

レカロ 純正レール

P1000377 NC用の純正レールはTS-G、RS-Gの場合10mm程ロープポジになり、センターオフセットしていないので自然なポジションになりますが、レール+シートで12.5kgとなってしまうのでノーマルシートからの軽量化にはなりません。 NC号の場合普段はインテゥルーダーを使用し、取材等でドライバーが乗る時にはレカロ純正にして使い分けています。 因みに、シートポジションはインテゥルーダーの方が更に低く▲20mmレールの重さも▲3.6kg軽くなります。

|

2008年1月27日 (日)

峠で試乗!

P1010470 カムの仕様変更によって僅かに馬力UPしたNC号ですが、比較的ギア比合っているセントラルサーキットでは馬力的に結果に現れ難いので、仮想峠最強伝説テストコースに行って来ました。こう言った峠はコーナーのバリエーションが多く、エンジンの回転数もドロップする事も多いんですが、そんな場面でも今回の仕様だとスーパーチャージドエンジンみたいにトルクに余裕がある(ノーマルカタログデーター比約130%)のでグングン加速できます(嬉)  これななら峠最強伝説トーナメントに向けては少しは戦闘力UPになったんじゃないかなと思います。 

|

2008年1月25日 (金)

峠バージョンに変更

P1010463 昨年に撮影予定だった峠最強伝説、魔王決定トーナメントですが天候不順で越年の延期となり、雪が無くなる来月辺りに撮影みたいなので、そろそろサーキット向けにしていたバネ&アライメントをストリートバージョンに戻します。 仕様変更と言ってもそんなに大掛かりなものではなく、フロントバネを同じレートで自由長を長いものにしてストロークを伸ばして車高も若干上げます(前回TOUGE200の際と同じ) それに伴いアライメントもキャンバー&キャスターは僅かに立て気味にしてトーは心持インにセットUPします(笑)

|

2008年1月23日 (水)

二つの力?

Img10302628883 

  HKSツインパワー          フルトランジスタ方式+CDI方式の複合点火方式により低回転から高回転まで幅広い回転域で理想的な点火性能が得られます。 これにより始動性の向上、低・中速域でのトルクアップ、高過給圧での確実な点火、レスポンスアップ等を図ります。

※ フルトランジスタ方式:放電持続時間が長く、低回転でも安定した燃焼が得られます。
※ CDI方式:放電電流の立ち上がりが速いため、点火のエネルギーが強く高回転向けです。

|

2008年1月21日 (月)

カム交換後のパワーチュエック

P1010464カムの仕様変更が完了できたので早速にパワーチェックしました。 結果は212.5ps/6780rpm 24.9kgm/4670rpmと純正部品中での変更なので4ps程度のアップと、流石にハイカムのように大きな馬力UPは望めません。 でもトルクに関しては1kg-m近くのUPとなったので、今回のカムの方が現状のノーマルECUでドライブしている範囲ではマッチングがよさそうですね。  で・試乗でのフィーリングはと言うと、レブ付近のカッタルさはグラフを見ても解るように幾分解消されましたが・・ハイカムほどの伸びは無いですね・・でもトルクはノーマルNCのカタログ値比だと130%となったので、これは「スーパーチャージ並みトルク?」でムフフッ!ですよこれは・・・(笑)

|

2008年1月19日 (土)

カムを変更してみましょう・・・

P1000026 昨年に2.3Lのファインチューニング仕様にしてパワーUPを図った際にそれまで使っていたハイカムを装着したままだとインジェクター等の補機の容量を越えてしまった為に、止む無くハイカムを純正カムへ変更して上での馬力を抑える処置で何とかノーマル補機の容量範囲にしていたんですが、6500からレブの7000の間の吹け上がりがチョット鈍い感があるのでその部分を改善するのと,もう少し中速域でのトルクが欲しいので、L3-VEに装着出来る純正カムの幾つかある選択肢のなかで変更してみます。 またバルタイはMZRエンジンはノックピンが無いのである意味フリーなんですけどね(笑) 

|

2008年1月17日 (木)

1.17

Dsc05797  

今日は何も言う事はありません。

     黙祷

|

2008年1月15日 (火)

汚れるね・・・

Dsc06148_2 NCの6速ミッションってフィーリング等を含めて各ユーザーの中でも意見は様々なんですが、Jet‘sNC号に限って言うなら節度あるシフト感で今迄に乗ってきた6速MTの中では「良」って感じなんです。でも唯一気になるのは油温が少し上がりやすいのでオイルの劣化が早いんです。 なので高速なんかでツーリングの機会が多い車両だとサーキットを走らない一般車でもな感じでかなり汚れているので、NCの場合早めのMTオイル交換が必要ですね・・

|

2008年1月13日 (日)

RHT用ダックテールリアスポイラー

P10101461 先月末に発表したNCロードスター用Jet‘sマスタースペックエアロですが現在好評発売中です(喜)

でっ・ダックテールリアスポイラーはソフトトップ車用が現在先行発売なんですが、RHT車用も急ピッチで製作中です!                                                      

 もう間もなくリリース出来ると思うのでRHT車の方はお楽しみに・・・・

|

2008年1月11日 (金)

10日えびす!

P10104511 関西で1月10日と言えば「恵比寿さん」ですね。

今年も地元の柳原の恵比寿さんに行ってきたんですが・・・えらい人ですわ~っ ある意味関西の商売人は十日恵比寿が正月みたいなものですからね(笑) 

  

     でっ・商売繁盛で笹持って来い!でっせ! 

|

2008年1月 9日 (水)

バネコレクション?

P1010444 Jet‘sNC号の足で、この2年間で試してきたバネはFrだけで7種類Rrでも8種類の計30本のバネコレクションとなりました(笑) どうしてそんなに沢山のバネが必要になったかと言えば仕様毎のストロークと前後荷重の黄金比を求めていった結果なんですが、NCのサスペンションはFがWウィシュボーンでリアがマルチリンクなんですがこのリアのマルチリンクがNCの鬼門なですよね!このリアサスはストロークした際の軌道振幅が大きいので構造上スプリング形状をテーパー形状にするか、70φ以上の内径が必要必要になります。 おまけにレバー比は1:1に近い為にレートを変更毎変化が非常に大きく、フロントのレバー比とバランスさせる為には出来るだけ細かい設定が欲しい所なんですが、NCに対応できそうなテーパー形状や70φ以上のスプリングだと1kg単位でしか設定がありません。 なのでマスタースペックダンパーKITリアはアイバッハの直巻を採用しており、これだと50Nm単位で設定があるのでレバー比換算での前後荷重を細かく設定が可能なので柔らかいレートの組み合わせは、F6.2kg R3.6kgから 、最も硬いので F14.2kg R8.7kgまでテストして様々なステージに合うようテストした結果、その分沢山のバネが必要となってしまいました。また、リアダンパーの傾斜角をスプリングの硬さ合わせてダンパーセンターリングスペーサーで最適化してやる必要があります。 で・そこから導き出したのがストリートメインで~ミ峠、ジムカーナ、ミニサーキットのオールラウンダーの標準仕様がF8KgR5.1kgで、ストリートメインで、峠、コースジムカーナのメディアムソフト仕様がF7.1kgR4.1kgで峠~コースジムカーナ、サーキットのメディアムハード仕様がF9.8kgR6.1kgと仕様用途に合わせた比較的細かい設定としました。

|

2008年1月 7日 (月)

サーキット走行での水温、油温は?

P1010364 NCロードスターのサーキット走行中の水温、油温、油圧、なんですが、現在の2.3Lのファインチューニング仕様だと外気温12℃で水温82℃油温が105℃と言う結果でした。 昨年の夏の暑い時期にラジエーターや他の部分を対策したので夏場でも86~87℃程度をキープ出来るようになり、外気温35℃以上の中でも90℃を越える事はなくなり水温補正によるパワーダウンを最小限に抑えられるようになりました。また油温はL3-VEはロングストロークなので2.0LのLF-VEよりやや油温的には厳しく夏場には130℃位まで上がっていたんですが、ファインチューニングした事によりフリクションロスが減っているのでノーマル吊るし状態より5~7℃油温は低くなり、これなら夏場でも何とか120℃以下で行けそうなので、パワーUPて発熱量が増えた2.3L仕様でもオイルクーラーなしで何とかいけそうです(笑)

|

2008年1月 5日 (土)

仕事始め!

Dsc00119_2 本日より08年の営業開始です。

さて・・・今年も頑張ってゆくぞ!

|

2008年1月 3日 (木)

♪年の初~めの・・・

P1010423b お正月と言えば初詣ですが、最近は年のせいか?あまり人混みは嫌なので、ここ数年地元の穴場的?柿本人麻呂神社に参拝しました。 ココはの様に明石海峡大橋が真直で見れるし、子午線の塔も建っているし、神社自体も万葉縁なので風情もあるので結構行けてます。 

あとは寝正月で・・・・ 一杯ネ!

|

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年!

Jets_rs_1205_2

               

   

  

   

    明けましておめでとうございます。

     ことしもピシット頑張って行きましょう!

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »